IMG_3716


1: 名無しさん@おーぷん 2016/08/01(月)21:43:11 ID:g0l
敵地、ミッドウェーで迎えた艦隊戦
先発南雲が大量失点、後続も勢いを見せず惨敗だった
艦内に響く下士官のため息、どこからか聞こえる「今年で解任だな」の声
無言で黄昏る兵士達の中、司令長官の山本は独り艦橋で泣いていた
真珠湾で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できる艦隊防空・・・
それを今の日本で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
「どうすりゃいいんだ・・・」山本は悔し涙を流し続けた
どれくらい経ったろうか、山本ははっと目覚めた
どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たい羅針盤の感覚が現実に引き戻した
「やれやれ、帰って対空戦闘の訓練をしなくちゃな」山本は苦笑しながら呟いた
立ち上がって伸びをした時、山本はふと気付いた

「あれ・・・?空母がいる・・・?」
艦橋から飛び出した山本が目にしたのは、水平線の向こうまでまで埋めつくさんばかりの大艦隊だった
千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように軍艦行進曲が響いていた
どういうことか分からずに呆然とする山本の背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
「イソロク、攻撃だ、早く行くぞ」声の方に振り返った山本は目を疑った
「な・・・南雲さん?」  「なんだ五十六、居眠りでもしてたのか?」
「や・・・山口中将?」  「なんだ山本、かってに多聞さんを進級させやがって」
「加来さん・・・」  山本は半分パニックになりながら艦艇一覧を見上げた
1番:赤城 2番:加賀 3番:蒼龍 4番:飛龍 5番: 6番: 7番: 8番: 9番:
暫時、唖然としていた山本だったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
「負ける・・・負けるんだ!」
艦長から帽子を受け取り、グラウンドへ全力疾走する内川、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・

翌日、ジャングルで冷たくなっている山本が発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った

2: 名無しさん@おーぷん 2016/08/01(月)21:49:41 ID:Bb1
かなしいなあ・・・

3: 名無しさん@おーぷん 2016/08/01(月)21:50:42 ID:m08
no title


Vやねん日本軍!!

5: 名無しさん@おーぷん 2016/08/01(月)21:54:00 ID:cVA
!道ノ利勝進驀タツ勝タツ勝

6: 名無しさん@おーぷん 2016/08/01(月)21:54:45 ID:TAD

牟田口廉也さんというレジェンド

7: 名無しさん@おーぷん 2016/08/01(月)22:32:04 ID:iCS
何か色々駄目な作品
平均点以下の駄作
もう少し練ってから発表してもらいたい
-1919893点

8: 名無しさん@おーぷん 2016/08/01(月)22:33:32 ID:6eE
???「山本五十六は凡将」

9: 名無しさん@おーぷん 2016/08/01(月)22:35:51 ID:CbG
カワ・カワ・カワ

4: 名無しさん@おーぷん 2016/08/01(月)21:53:05 ID:iLD
大角人事で予備役に追いやった有能将官を復帰させんだよ、あくしろよ


http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1470055391/

1002:風吹けばおんJ:20XX/XX/XX(日) 00:00:00.00 ID:334KRSW